20代女の、日常に思うこと

20代女性って多分みんな、こんな感じですよね?

人はなぜ肘をぶつけがちなのか

誰しも1度は経験したことがあるだろう、「肘をぶつける」ことを。
 
肘ってぶつけると結構痛くて、数秒から数十秒、奇妙な声でうめきながら行動停止となるのよね。


冒頭で誰しも1度はって言ったけど、私の場合は3日に1回はぶつけている気がする。

 
そしてふと、思ったのだ。
 


なぜ、肘をぶつけてしまうのだろう。
 


単に落ち着きがないのか?腕が人より長いとか?

原因はなんなのだろう。
 
お得意の検索をしてみたのだけど、あれれ。
思った以上に同じ悩みを抱えている人がいない。
 
しかし、久しぶりに目にした言葉に懐かしさを覚えた。

「ファニーボーン」

出典:デジタル大辞泉

ひじ先の上腕骨の内側の部分。尺骨神経が通っていて、たたくと腕や手がしびれるような感じがする。
 
[補説]語源不詳。上腕骨を意味するhumerus(ヒューメラス)がhumorous(ヒューモラス)と音が似ていることからfunnyとなった、しびれて感覚がおかしくなることからfunny(おかしな・奇妙な)と言われるようになった、などの説がある。

 

子供のころ、一時期流行った気がする「ファニーボーン」。

わざと肘をぶつけて「ジーン」ってしびれを体感するのが、面白かったんだよなぁ…

あれって、なんで流行ったんだろう。

むしろ、わざとぶつけるなんてことしていたのは、私だけなのだろうか。

そのわざとが、知らぬ間に癖づいてしまったなんてこと…

 

まあ、結局調べたはものの、肘をやたらとぶつける原因はわからなかった。

持論としては、腕が長すぎるに1票なのだが。